私たちは、ロボットやインタラクティブデバイスを全くユニークなものにするソーシャルブレインを作り出します



Hoomano Japan

成功するユーザー
エクスペリエンスのために

今日の顧客体験を変えることは、明日のナンバー1を意味します!新しいテクノロジーを最大限に活用してユーザーエクスペリエンスを強化することは、ビジネスの重要な課題となっています。私たちは、ヒューマンロボットインタラクションが顧客への対応力や問題解決力を向上させる可能性を確信しています。Hoomanoが開発した「ソーシャルブレイン」によって、お客様のマシンやインタラクティブデバイスは明日を変えるものになるでしょう。

私たちのソーシャルブレインは、3つのインタラクション
モジュールで構成されています

アウェアネス

アウェアネスモジュール」はHoomanoを導入した全てのロボットに実装されていて、ロボットがユーザーを魅了し引き付けるような自然なやり取りを実行するようになります。このようにアウェアネスモジュールによって生み出されるヒューマンロボットインタラクションは、世界中で毎月25,000回にのぼります。

エンゲージメント

「エンゲージメントモジュール」によって、デバイスはインタラクションにおいて主体的に行動するようになります。このモジュールのおかげで、コンパニオンロボットやスマートディスプレイ、デバイス、マシンはいつ話をすべきか、いつ静かにすべきか、そして何よりどうやって人の注意を引くべきか分かるようになります。

エンパシー

「エンパシーモジュール」にはいくつかの役割があります。ロボットに文脈をより良く理解させたり、ユーザーの意図を認識させたり、適切な表現で効果的に応答させたり、ユーザーのロボットへの愛着を促します。

ユーザーの注目度の測定

私たちはAIラボにおいて、エンゲージメントモジュールを最適化するソフトウェアコンポーネントを開発しました。このテクノロジーは、ヒューマンマシンインタラクションにおいてユーザーの注目度を測定することに特化しています。

リヨンの施設内にて実際のデモをご覧頂けます。

The team Hoomano works at Pepper robot

ラボ

アメリ・コーディエが率いる研究開発部門とHoomanoのエンジニアによって構成されるラボは、ヒューマンマシンインタラクションにおける発達AI技術の採用で革新をもたらします。毎日14人の研究員が、オブジェクトやロボット、インタラクティブマシンとのユーザーエクスペリエンスを、それらのやり取りをどうやって自然なものにすか研究し、どうやって向上させるか頭を悩ませています。

Hoomanoのイノベーションスペースは技術探求、研究成果に基づく製品開発、そしてヒューマンロボットインタラクションの基礎研究の場であり、その大部分がリヨン第一大学との共同研究室であるBehaviors.aiの枠組みで行われています。

チーム

Hoomanoでは、フランス(リヨン)と日本(東京)で25名が情熱を持って仕事をしています。私たちの専門家チームの経験とビジョンを組み合わせて、ロボットやデバイス、コミュニケーションマシンとの日々のインタラクションを技術的に簡略化することに貢献しています。

エンジニアやデベロッパー、リサーチャー、プロジェクトチーム、マーケティングチームはザビエ・バッセ(CEO)や、シリル・メトルジャン(CFO)、アメリ・コルディエ(Chief Scientific Officer)、ヴァレリ・ヴァリン(Chief Strategy Officer & Executive VP International)のリーダーシップのもと、共に皆で今日のクライアントのプロジェクトに取り組み、明日のテクノロジーの向上に貢献しています。

La team Hoomano

一緒にロボットプロジェクトを計画しましょう

登録して「アテンションモジュール」の実際のデモをご覧ください。Hoomanoのソーシャルブレインがユーザーエクスペリエンスどのように変化・向上させるのか見てみましょう!

デモンストレーションの希望場所:

Hoomanoオフィスお客様のオフィス次回のHoomanoイベント開催中

* 必須