私たちのミッション:最も簡単なスクリーン から最も複雑なロボットまで、全てのインタラクション
デバイスの使用を容易にします。

チーム

ザビエ・バッセとアメリ・コルディエのリードで、Hoomanoラボは研究開発とエンジニアリングの強みを結集しています。

目的:高品質なマシンユーザーインタラクションのメインプロバイダーになること

役割:より本能的なヒューマンマシンインタラクションを目指し、求められるアルゴリズムをソーシャルロボットエンジンに組み込むこと。フランスや、イタリア、ベルギー、オランダ、ドバイ、日本、オーストラリアといった国々において、Hoomanoの専門技術によって毎月25,000回もの違いを産み出す「ユーザーロボット」インタラクションが国際規模で実現しています。

リヨン第一大学のLIRIS研究室でAI研究の第一人者であるアメリ・コルディエは、2017年1月からHoomanoの科学研究をフルタイムで指揮しています。今日彼女は5名の研究者と協同で、全てのインタラクションデバイスの使用を容易にするというミッションに取り組んでいます。

Hoomanoの研究開発活動は、発達学習という人工知能の最先端の研究に着手する「LabCom」、Behaviors.aiによって支援されています。

「LabCom」とは、フランス国立研究機関によって名付けられた、研究とビジネスの世界の融合を促進する新たな取り組みを指します。LabComは企業と研究機関の協同研究室です。Behaviors.aiはそのようなLabComの一つで、LIRIS(リヨン第一大学の研究室)とHoomanoが共同スポンサーをしています。

ミッション

Hoomanoの革新領域における主要ミッションは以下の通りです:

新しいマシンとロボットの技術課題の調査研究


研究成果に基づく製品開発


ヒューマンマシンインタラクションに関する基礎研究。研究の大部分は共同研究室であるBehaivors.aiとの共同研究として行われています。

Hoomano ラボの沿革

2014年

会社設立

2016年

フランスのリヨン大学の研究ラボであるLIRIS(画像・情報システムコンピューティング研究所)と提携

2017年

HoomanoのChief Scientific Officer

に就任したアメリ・コルディエを中心に、

Hoomanoラボを設立

2017年下旬

東京のIREX(国際ロボット展)において、アテンションモジュールを初披露

2018年

ソーシャルブレインの最初のクライアントがアテンションモジュールを製品開発に導入

2018年

INPI(フランス特許庁)にて特許出願中

一緒にロボットプロジェクトを計画しましょう

登録して「アテンションモジュール」の実際のデモをご覧ください。Hoomanoのソーシャルブレインがユーザーエクスペリエンスどのように変化・向上させるのか見てみましょう!

デモンストレーションの希望場所:

Hoomanoオフィスお客様のオフィス次回のHoomanoイベント開催中

* 必須